ネットワールド(森田晶一社長)は2月2日、ニフティ(三竹兼司社長)とディストリビュータ契約を締結し、同社のパブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」を販売すると発表した。また、「ニフティクラウド」では初めてとなるプリペイド方式で利用可能な「ニフティクラウドクレジット」を他社に先駆けて提供開始する。

「ニフティクラウド」のサーバータイプ一覧

 ネットワールドは、仮想化関連ソリューションを豊富に取り揃え、クラウド関連製品やサービスのラインアップ拡充を図っており、その一環として、信頼性とパフォーマンスの高い純国産のパブリック型クラウドサービス「ニフティクラウド」を加え、直販とパートナー経由で販売する。

 今回、ニフティとディストリビュータ契約を締結するにあたり、プリペイド方式の「ニフティクラウドクレジット」の導入を提案したことで、販売開始と同時に利用可能となった。「ニフティクラウドクレジット」は、あらかじめ利用料金をプリペイド方式でクレジットとして購入し、そのクレジットの範囲内で自由にサービスを利用できるもの。クレジットは5万円単位で購入が可能で、有効期限は1年間。これによって、企業ユーザーは予算を確保しやすくなる。

 ネットワールドでは、販売パートナーによる再販が容易となることから、今後同社の販売パートナーの支援を強化し、クラウドサービスのディストリビューションモデル拡大を推進していく。また、クラウド/IaaS上で動くアプリケーションやバーチャルアプライアンスの提供を強化する計画。