CommVault Systems Japan(大越大造エリアバイスプレジデント)は、2月18日、デジタル転換やコンサルティング、ビジネスリエンジニアリングを専門とするTech Mahindraが、アライアンスグループ向けBaaSでバックアップサービスを強化するため、CommVaultバックアップソリューションを採用したと発表した。

 今回、Tech Mahindraは、クラウドベースのビジネスソリューションの展開にともない、CommVaultのクラウドソリューショングループ(CSG)とSimpana 10プラットフォームでビジネスを行うことを決定した。CommVaultのクラウドバックアップに対するイネーブルメントと追加機能を簡単に利用できる機能が有効であると判断したため。これらの要素は、Tech Mahindraのグローバルアライアンスパートナーが、多様なマネージドサービス提供のプロビジョニングを拡大していく時に役立つ。

 CommVaultソフトウェアの採用によりTech Mahindraは、完全なWebベースのセルフサービスポータル、ワークフローの自動化、効率的なデータ移動、バックアップ/アーカイブ/ディザスタリカバリ/検索をまたがった仮想ワークロードの高速保護を、サービスプロバイダパートナーに提供できるようになる。とくに、単一のソフトウェアプラットフォームで、共有インフラストラクチャを活用可能となる。

 なお、Tech Mahindraでは、CommVaultによるクラウドコンサルタント業務のベストプラクティスと専門知識を利用し、バンガロールの施設内にExcellenceクラウドソリューションセンターを設立する。