日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、今年9月、バックアップ管理ソフトウェアのアプライアンス販売に乗り出した。システムインテグレータ(SIer)3社と提携し、ハードウェアに組み込むかたちで提供。年間、6%前後の伸びをみせているバックアップアプライアンス市場の開拓に取り組むことによって、国内バックアップ市場での日本IBMのシェアを現在の10%から、3年後には30%に引き上げる。現在は3社に絞っているパートナー体制だが、アプライアンス販売が軌道に乗れば、パートナーの拡充も検討する。(ゼンフ ミシャ)