その他

日本IBM バックアップソフトを「箱」で売る SIer3社を抜てき、シェア30%を目指す

2014/09/25 20:48

週刊BCN 2014年09月22日vol.1547掲載

 日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、今年9月、バックアップ管理ソフトウェアのアプライアンス販売に乗り出した。システムインテグレータ(SIer)3社と提携し、ハードウェアに組み込むかたちで提供。年間、6%前後の伸びをみせているバックアップアプライアンス市場の開拓に取り組むことによって、国内バックアップ市場での日本IBMのシェアを現在の10%から、3年後には30%に引き上げる。現在は3社に絞っているパートナー体制だが、アプライアンス販売が軌道に乗れば、パートナーの拡充も検討する。(ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

日本IBM SMB向けバックアップ事業が好調 「FastBack」の販社網拡大

日本IBM、高いセキュリティ・効率性・信頼性を提供するx86サーバー新製品

日本IBMがクラウド・マーケットプレイスを開設、クラウド関連商材を系統的に探しやすく

IBM SoftLayer 日本への市場進出を本格化 “ベアメタル”で切り込む

外部リンク

日本IBM=http://www.ibm.com/jp/ja/