調査会社のIDC Japanは、国内ITサービス市場を予測し、2014年は前年比成長率3.1%になる見込みであると発表した。15年以降も堅調な成長が見込まれるとし、回復基調に向かっているという。

 金額ベースでは、14年の国内ITサービス市場が5兆1893億円になる見通し。前半に金融業や官公庁などのリプレース需要があったことに加え、データセンターサービスやIaaSの利用拡大も、市場の成長を下支えしているという。

 14~19年の年平均成長率は1.6%と、15年以降も堅調に成長し、19年の市場規模は5兆6205億円になる見込み。直近では、システム統合や基幹系システムの刷新案件など金融機関の大型投資、マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関わる投資などがけん引役になるとしている。(佐相彰彦)