Knowlbo(ナルボ、斎藤友男社長)は、必要なパーツだけを選んで使えるクラウド型グループウェア「OfficeView」の新機能として、出退勤の管理が可能な「アテンダンスパーツ」を、4月8日にリリースした。

 「アテンダンスパーツ」は、複雑なシフトにも対応したクラウド型の出退勤管理アプリケーション。オプションの打刻アプリ(タイムカード)を利用することで、ICカードをタッチするだけで出退勤時刻を簡単に記録することができ、今まで手作業で行っていた集計作業をクリックひとつで簡単に行うことが可能となる。

ユーザー画面の出退勤一覧

出勤イメージ

 また、Microsoft Azureにも対応しており、オンプレミスとクラウドのどちらかで利用が可能。大企業から中小企業まで、企業規模を問わずに利用できる。