Knowlbo(ナルボ、斎藤友男社長)は、Excelで作成した稟議文書をそのままワークフローに乗せることができるドキュメントフローシステム「ワークフローEX」の新機能として、iPadなどのタブレット端末からワークフローの決裁ができる「タブレット決裁オプション」を、2月12日にリリースする。

 「ワークフローEX」は、申請フォームとして、Excel、Word、PDFのドキュメントを利用できる。「タブレット決裁オプション」は、iPad、Windows、Androidなどのタブレット端末で、「ワークフローEX」から申請された稟議書の承認状態を確認し、そのまま決裁を実施することができる機能。これによって、ふだんタブレット端末しか持ち歩かない経営者層や外出が多い役職者は、タイムリーに稟議書を確認して決裁できる。

 「タブレット決裁」は、ドキュメントビューアと同様に、HTMLベースのユーザーインターフェースを採用。未処理のドキュメント処理に特化し、iPadなどの指での操作を前提としている。