サイボウズ(青野慶久社長)は、3月10日、独自開発のクラウド基盤「cybozu.com」上で提供するクラウド型グループウェア「Garoon on cybozu.com(Garoon)」をアップデートした。

 最新バージョンは、スマートフォン向けアプリケーション「サイボウズ KUNAI」で不足していた掲示板とマルチレポートのモバイルビューに対応。スマートフォンからの閲覧に最適なインターフェースで「Garoon」の主要な機能をすべて利用できるようになった。また、「KUNAI」で利用できる機能をユーザー・組織・ロール(役職)単位で制限する統制機能を追加し、企業でのスマートフォン活用を促進する。

 このほか、利用頻度が高いスケジュール/メール機能や画面デザインを中心に改良し、18件の機能を追加。今後も、クラウド版の特性を生かして、約6か月ごとにユーザーの要望を反映したアップデートを行っていく予定。