大塚商会(大塚裕司社長)は、4月15日、SOHO・小規模企業の従業員が使用するクライアントPCを対象にしたオンラインストレージサービス「プライベートキャビネット」の提供を、4月20日に開始すると発表した。

 「プライベートキャビネット」は、1IDで10GBの容量が使用でき、企業の従業員が利用するPCやスマートデバイス間でのファイル共有、第三者への大容量ファイル転送が可能となるサービス。従業員の利便性に特化し、手軽に利用できるようにした。共有フォルダとは異なり、他人が参照できないため、よりセキュアな環境で作業をすることができる。

 社内のPCに保存されているカタログやプレゼン資料などの各種ファイルを、自動的に大塚商会が運営する国内データセンターへアップロードし、外出先でスマートデバイスのブラウザを通してファイルの参照やプレゼンテーションするといった活用が可能。また、アップロードしたファイルを取引先など外部にも転送できるため、大量の資料を持ち歩くことなくスマートデバイスを通して、必要なときに必要な資料の活用や配布ができるようになる。

PCワンストップサービス+プライベートキャビネット

 税別価格は、PC1台につき月額2000円(1ID、ストレージ容量10GB)。各種サポート(PC修理サービス、復旧支援、テレホンサポート、リモートサポート)をセットにした「PCワンストップサービス」として提供し、初年度2000社の導入を目標としている。