グレープシティ(馬場直行社長)は、Microsoft ExcelやMicrosoft Accessといったオフィス製品とSalesforceなどのクラウドサービスをノンプログラミングで接続することができる「CData(シーデータ)」シリーズの新製品として、「CData for Facebook 2015J」と「CData for Excel 2015J」を、5月11日に発売した。

 CDataシリーズは、ノンプログラミングで、Salesforceなどのクラウドサービス上のデータを直接Excelで利用したり、汎用的なデータ接続方法で簡単に接続したりできるデータ接続ツール。Web APIによるコーディングは不要で、簡単にクラウドサービスとデータ接続ができるため、業務部門のユーザーからシステム開発企業での利用まで幅広いビジネスシーンで活用できる。

ノンプログラミングでクラウドサービスと接続イメージ

 新製品のCData for Facebook 2015Jは、Facebook APIとして公開されているGraph-APIに対応。Facebookアカウントに登録された友達のデータや、いいねの数などを取得することができる。たとえば、公開されている競合企業のFacebookページに投稿されたトピックスのうち、口コミ量の多いものをチェックするといった使い方が可能となる。

 また、CData for Excel 2015Jは、Excelシートをそのままデータソースとして利用することができる。業務部門で使われているExcelシートを、データソースとしてJavaやASP.NETのアプリケーションから接続する機能を簡単に実装できる。

サブスクリプションを使用したイメージ

 価格は、「Excel Add-In for Facebook 2015J」が1万800円/1マシン、「ODBC Driver for Facebook 2015J」が1万8360円から、「JDBC Driver for Facebook 2015J」が4万5360円から、「ADO.NET Provider for Facebook 2015J」が7万2360円。「JDBC Driver for Excel 2015J」が5万4000円から、「ADO.NET Provider for Excel 2015J」が9万720円から。