セイコーエプソン(碓井稔社長)は、5月13日、導入コストゼロで、本体・インク・保守サービスが定額従量料金で利用できるプリントサービス「エプソンのスマートチャージ」に、従来のA3複合機に加え、新たにA4複合機、A3プリンタ、A4プリンタの3モデルを追加し、6月中旬から順次提供すると発表した。

エプソンのスマートチャージ

 エプソンのスマートチャージは、本体・インク・保守サービス込みのオールインワンで、月々1万円(税別)からの低価格な基本使用料金で利用することができる。また、顧客によるインク購入や交換も不要で、消耗品管理が必要ないことも好評を得ている。今回は、新たにA4複合機、A3プリンタ、A4プリンタをラインアップに加え、コピー・ファクス・スキャン機能を利用している顧客も、プリントのみ利用している顧客も、必要サイズや用途にあわせて最適な機器を選ぶことが可能となった。

 利用プリントサイズや顧客のカラー/モノクロの印刷比率、給紙容量などの機器構成により、従来の4プランに新たに8プランを追加し、12プランの中から選択できる。例えば、A4プリンタ「スタンダードB」プランでは、月額基本使用料金5000円(税別)でカラー400枚、モノクロ1000枚までが料金に含まれ、「フルカラーB」プランでは、カラー/モノクロ700枚までが料金に含まれる。

 新プランの税別価格は、A4プリンタの「スタンダードB」「フルカラーB」が5000円、A4複合機の「スタンダードB」「フルカラーB」が6000円、A3プリンタの「スタンダードF」「フルカラーF」が1万円、「スタンダードB」「フルカラーB」が8000円。同社では今年度、「エプソンのスマートチャージ」で3万2000件の契約を予定している。