調査会社のIDC中国(霍錦潔総裁)は中国の法人向けモバイル関連サービスの市場動向に関する調査結果を発表した。これによると、2014年の同市場規模は6億8500万米ドル。構成比では、モバイル関連コンサルティングやSIなどのモバイル専門サービスが5億4500万米ドルを占め、運用・保守サポートなどのモバイル管理サービスは1億4000万米ドルだった。

 IDC中国では、法人向けモバイル関連サービス市場は、現在が発展の初期段階にあると分析。ただし、すでに金融業界と物流業界では、成熟したモバイル運用の実例が増えつつあると指摘している。一方、政府やリテール、医療、製造などの分野では、事業単位でのモバイル活用が始まっており、今後は著しい発展が期待できると分析した。全体では、今後5年の間、CAGR(年平均成長率)26.2%で伸び続け、19年の市場規模は21億9000万米ドルに達するとしている。(真鍋武)