アイティフォー(東川清社長)は、6月29日、同社の複数ECモール一元管理ツールITFOReC MS2(アイティフォレック・エムエスツー)の受注が好調に推移していると発表した。

 15年度(15年4月-16年3月)に稼働または稼働開始を予定している17社のECサイトのうち約30%の5社は、ITFOReC MS2の採用希望をきっかけとして、ECサイトの全面刷新を受注しており、ECサイト構築を受注する上での大きな決定要素となっている。13年9月の発売以来、ITFOReC MS2の累計受注社数は、6月29日現在で10社を突破した。

 ITFOReC MS2は、自社サイトに加え、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、DeNAショッピング(旧ビッダーズ)の4サイトに対応し、「商品登録」「在庫管理」「受注処理」を一元管理するツール。商品登録の場合、サイトごとに行っていた商品データの追加や変更をすべてのサイトへ一度に反映する。在庫管理の場合、いずれかのサイトで1つの商品が販売されると、残りサイトの在庫表示も連携して変更する。受注処理の場合、各サイトからの出荷指示、在庫の引き当て、キャンセル処理などを基幹データベースとの間で自動連携する。

 同社試算によると、商品登録の場合、3サイト連携で作業時間を40%削減、4サイト連携で46%削減、5サイト連携で49%削減する。空いた時間を顧客対応に使うことで顧客満足度の向上を図ったり、固定費削減により価格競争力の強化につなげたりすることができる。

ITFOReC MS2業務削減グラフ(商品登録の場合)

 また、ITFOReC MS2では、ECサイトの一元管理だけでなく、ECサイトと実店舗との在庫連携を行うことも可能。今までECサイトと実店舗で別々に管理してきた在庫データベースを一元化することにより、実店舗との在庫連携を行うことができる。また、店頭在庫をネットで公開できるなど、商品在庫のオムニチャネル対応を実現する。

 税別価格は、初期費用が110万円から、月額費用が2万円から。同社ではITFOReC MS2を切り札として、15年度はECサイト構築を15社から受注することを目標としている。