Sansan(寺田親弘社長)とNTTドコモ(加藤薫社長)は、法人分野で業務提携し、NTTドコモの法人向けクラウドサービス「ビジネスプラス」で、Sansanが提供する法人向けスマートフォン専用名刺管理サービス「Sansan スマートフォンプラン ストレージPack」を、7月16日に発売すると発表した。

NTTドコモの高木一裕・取締役常務執行委員(左)とSansanの寺田親弘社長

 NTTドコモのビジネスプラスは、ソリューション導入のための費用を抑えた、主に中小企業向けに提供しているクラウドサービス。45種類(15年7月16日時点)の各種業務支援サービスのなかから自由に選択し、スマートフォンやタブレット端末で利用できる。「Sansan」は、専用のスキャナやスマートフォンで名刺をスキャンすることでデータ化し、クラウド上で管理することのできるサービス。企業規模・業種業態を問わず、導入社数は3000社を超えるとしている。

 今回、ビジネスプラスでSansan スマートフォンプラン ストレージPackを販売することで、「ドコモの法人営業部隊6500名を使って全国展開を行っていく」(NTTドコモの高木一裕・取締役常務執行委員)。また、NTTドコモの法人専用端末に事前にインストールすることにより、サービスの利用促進を図る。15年秋以降には、ドコモが提供する内線ソリューション「オフィスリンク」、NTTソフトウェアが開発した電話帳サービス「ProgOffice」との連携を予定しており、ユーザーは社内外の電話帳をシームレスに一つのアプリで管理できるようになる。

 新たな企業が続々と参入し、年々市場規模が拡大してきている名刺管理サービス市場。シード・プランニングの調査によれば、2011年に初めて10億円を突破した同市場だが、2014年には30億円を超え、2020年には80億円にまで達すると見込んでいる。なかでも、Sansanは他社に先駆けて市場を開拓。メーカー別シェアでは、14年で75%と他社に圧倒的な差をつけ、確固たる地位を築いている。

 Sansanの寺田親弘社長は、今回のNTTドコモとの業務提携について、「NTTドコモは全国に営業拠点をもち、法人営業を行っている。現在、Sansanの利用は首都圏が9割以上だが、より多くの中小企業、地方にまで利用を拡大していきたい」と語り、「Sansanの名刺データベースがコミュニケーションの基盤となる」ように、全国の企業にSansanの価値を広めていく。