ソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)は、Webに特化したリモートアクセスサービス「Soliton SecureBrowserサービス」を、7月31日に発売した。

 Soliton SecureBrowserサービスでは、「社内へのリモートアクセス環境」「クラウドアクセスのセキュリティ強化」「端末からの情報漏えいの防止」の3つを提供する。これにより、オンプレミスとクラウドにまたがった企業のWebシステムを、安全・シンプルに利用することが可能となる。

 社内へのリモートアクセス環境では、VPN機能内蔵のセキュアブラウザ「Soliton SecureBrowser」を利用。一般的なVPNクライアントなどは使用せず、セキュアブラウザアプリにログインするだけでリモートアクセスが開始される。リモート接続が完了すると指定のWebサイトがダイレクトに表示される。接続できるWebサイトはホワイトリスト方式を採用し、管理者指定のWebサービスのみを利用できる。同サービスの標準機能として電子証明書による端末認証が利用可能。また、接続のためのゲートウェイはクラウド上に用意され、ゲートウェイ/企業間は専用のコネクタ装置で接続する。

 クラウドアクセスのセキュリティ強化では、電子証明書による強固な端末認証により、不正端末からの接続をブロックする。また、クラウドシステム側の接続元IPアドレス制御機能により、リモートアクセスの経路の一本化を行うことができる。今後、アクセスコントロールサービス、シングルサインオンサービスなども提供する予定。

 端末からの情報漏えいの防止としては、VPN接続とWeb閲覧にセキュアブラウザSoliton SecureBrowserを利用。業務以外のサイト利用を制限し、セキュアブラウザのサンドボックス機能により、ネットワークを経由して広がるマルウェア感染のリスクを軽減する。さらに、閲覧ファイルやデータのキャッシュを自動消去することで、端末にデータが残らず安全な運用が可能となる。

サービス概要

 価格は、「クラウドプラン」が初期費用10万円、月額基本費用(100ユーザー込)3万円、追加10ユーザー月額費用3000円。「クラウド・イントラプラン」が初期費用30万円、月額基本費用(100ユーザー込)5万円、追加10ユーザー月額費用3000円。