クラウディアン(太田洋社長)は、8月5日、レノボ・ジャパン(レノボ、留目真伸社長)の「Lenovo System x」と、ソフトウェア定義ストレージ製品(SDS)であるクラウディアンの「CLOUDIAN HyperStore」によるオブジェクトストレージの性能・動作検証を共同で実施し、その検証結果を発表した。

 今回の共同検証は、「レノボ・エンタープライズ・ソリューション・センター」の検証環境で、3台のLenovo System xサーバーにCLOUDIAN HyperStoreソフトウェアをインストールして構築したオブジェクトストレージ・システムに対し、大中小4種類のデータサイズのデータごとに複数のワークロード(負荷)を与え、処理時間と件数による性能や安定性などの各種動作を評価したもの。

CLOUDIAN HyperStoreの性能検証結果

 検証に使用したレノボの主力サーバーSystem xファミリーは、エントリーシステムからミッションクリティカル、クラウド、ビッグデータまで、あらゆるワークロードをサポートする業界トップクラスの信頼性とセキュリティを備えている。

 CLOUDIAN HyperStoreソフトウェアは、x86サーバーをハードウェアとして使うSDSで、最小2台(推奨構成3台)から利用を開始し、データの増加とともに台数を追加していくだけで、ペタバイト超級にまで全体のストレージ容量を拡張できる。国内外のクラウドストレージサービスに採用されているほか、オンプレミスでは、オフィス文書、画像、動画、ソーシャルメディアやIOT/M2Mのログなど、膨大な非構造化データを格納するファイルサーバーのセカンダリストレージ、バックアップ、アーカイブ、ビッグデータ分析、ファイル同期・共有などのストレージ基盤として活用されている。

 クラウディアンでは、今回の検証結果をもとに、顧客やパートナーに最適化されたソリューションを広く紹介していく。