エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、インテルコーポレーションが提供するソフトウェア開発ツールの最新バージョン「インテル System Studio 2016」を、9月10日に発売した。

 インテル System Studio 2016は、システム/組み込み開発者のニーズに対応するツールを提供し、インテルアーキテクチャベースのプラットフォーム向けに、優れたアプリケーションの開発を支援する。高度なツールとテクノロジーを含むこのソフトウェア開発ツールスイートを使うことで、広範なシステム/組み込みプラットフォームで、電力効率に優れたハイパフォーマンスなアプリケーション/システムを、効率よく開発することができる。

 最新バージョンには、最適化性能をさらに向上した最新インテルC/C++コンパイラとライブラリが含まれている。新たに追加したプリエンプティブLinux上でのリアルタイムのシステム・プロファイリングや仮想環境でのパフォーマンス・プロファイリングにより、組み込みWindows、Linux、Androidアプリケーションのパフォーマンスと電力効率の向上を支援する。

 また、Microsoft Windows10、FreeBSD、インテル Atom x3/x5/x7プロセッサ(開発コード名 SoFIA、Cherry Trail)、第6世代インテル Coreプロセッサ(開発コード名 Skylake)など、最新のプラットフォームとOSをサポートしている。

 さらに、最新バージョンから、USB接続によるJTAGベースのデバッグとトレースが可能となり、低コストで容易にハードウェア・デバッグができるようになった。

 税別価格は、「インテル System Studio 2016 Composer Edition for Windows/for Linux」が各12万7000円、「インテル System Studio 2016 Professional Edition for Windows/for Linux」が各30万円、「インテル System Studio 2016 Ultimate Edition for Windows/for Linux」が各43万7000円。