インターネット関連企業のテコラス(嶋田健作社長)は、中国向けネット通販への進出支援事業を始める。中国最大のネット通販モール「天猫(Tmall.com)」で、海外商品を専門に扱う「天猫国際(Tmall Global)」への出品支援サービスを、10月1日からスタートさせる。

 同社は、ネット通販システム事業「TEMPOSTAR(テンポスター)」を手がけており、まずは同システムのユーザー企業を軸としつつ、幅広い企業ユーザーに向けて成長市場である中国ネット通販市場への進出支援を本格化させる。

NHNグループ傘下の中国法人が天猫国際で手がける化粧品販売のウェブサイトイメージ

 中国進出支援にあたっては、テコラスが属する韓国大手インターネット企業のNHNグループ傘下の中国法人「桀薄斯貿易(エイコンメイト)」と連携。第一弾として、「比較的単価が高く、かさばらないため国際郵送料も安く抑えられる化粧品や健康食品」(テコラスの藤原弘之・EC事業部越境EC事業リード)を中心に扱う。

テコラスの藤原弘之・EC事業部越境EC事業リード

 エイコンメイトは、すでに韓国やドイツ、オーストラリア、米国から商品を仕入れて天猫国際で販売しており、中国ネット通販での実績をもつ。今回、日本からの化粧品や健康食品などの商材を新たに加えることで、NHNグループの中国におけるネット通販事業の拡大につなげる。

 テコラスでは、日本のユーザー企業の中国ネット通販事業が軌道に乗るまで、同社が天猫国際への出品商品すべてを買い取り、在庫リスクを肩代わりするなど、日本のユーザー企業の中国ネット通販市場への進出を強力に後押ししていく方針だ。