サイボウズ(青野慶久社長)は、10月15日に開催したkintoneユーザーの表彰式典kintone AWARD 2015で、グランプリを含む各賞を受賞した企業を発表した。

授賞式の様子

 kintone AWARDは、3000社を超える有償契約中のkintoneユーザーのなかから、kintoneを用いた“キラリ”と光るすぐれた取り組みを実施する企業を表彰するもの。第1回目となる今回は、審査員長に一橋大学教授の楠木健氏、審査員としてソニックガーデン代表の倉貫義人氏、日経BPイノベーションICT研究所 所長の桔梗原富夫氏を招聘し、ファイナリストを3社選出。kintoneユーザーズイベント「kintone hive」の参加者を交えた決戦投票を経て、グランプリを決定した。

 kintone AWARD 2015では、「創業92年目のベンチャー企業を成長させる」中島工業がグランプリを受賞した。また、特別賞は「地域農家横断バリューチェーンを推進する」NKアグリと「グループ70社の事業を支える」サイバーエージェントの2社が受賞した。