日立システムズエンジニアリングサービス(帆足明典社長)は、クラウド型紛失防止セキュリティソリューションを、10月15日に発売した。16年1月に提供を開始する。

システムイメージ図

 日立システムズエンジニアリングサービスでは、これまでBluetooth Low Energy(BLE)を活用した物品管理、位置管理を得意分野とし、多くの顧客の作業効率向上を支援してきた。また、BLEによる近距離無線技術を利用した物品管理システムで特許を取得している。今回、こうした位置情報技術を生かし、情報漏えいに関わる課題を解決するため、紛失防止を狙いとしたクラウド型紛失防止セキュリティソリューションを提供する。

 具体的には、ビーコンを鞄、ノートPCなどに取り付け、あらかじめスマートデバイスに設定した距離から離れた時点で、スマートフォンにアラームとバイブで通知する。また、アラーム通知と同時に紛失時点の位置を管理者など第三者宛にメール通知し、万一アラームに気づかない場合でも紛失した時刻と場所が確認できる。同製品を利用することで、企業全体として重要書類の入った鞄などの紛失防止に取り組むことが可能となる。

 税別価格はオープン。対象100人の場合、ビーコン1個あたりの初期登録費は3000円、月額費用500円から。同社では、クラウド型紛失防止ソリューションのほか、位置検知や位置特定に着目したソリューションを立ち上げ、20年度末までに累計7億円の売り上げを目指す。