アドバンテック(マイク小池社長)と三井物産エレクトロニクス(MBEL、市川誠社長)は、11月5日、アドバンテックのIoT向けハードウェア/ソフトウェアソリューション活用支援プログラムWISE-Cloud Allianceの基本契約を締結したと発表した。

 WISE-Cloud Allianceは、センサモジュールやゲートウェイなどのIoT向けハードウェアと、これらのハードウェアから生成されたデータをクラウドサービスで活用できるようにするためのソフトウェアプラットフォーム「WISE-PaaS」の利用を支援するプログラム。今回のアライアンス契約の締結により、アドバンテックはサーバー/エージェントソフトウェア&SDK、サンプルコード・ソースコードの提供、Microsoft Azureの使用ライセンス、IoTデータ収集ゲートウェイ・IoTエンベデッドシステムなどのハードウェア、製品トレーニングとサポートをMBELに提供する。

 今後両社は、共同での営業活動・イベントプロモーションを通じ、IoT導入を進める顧客やシステムインテグレータに、ワンストップでのIoTソリューションの提供を推進していく。とくに、各種製造業の生産現場、公共・社会インフラ、環境・エネルギーなど、無線センシングを活用できる市場に注力し、IoT市場開拓を図っていく。