日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、同社の特許技術にもとづくセンサビーコン「BLEスマートセンサN(エヌ)」を活用したBLE(Bluetooth Low Energy)スマートセンサソリューションの提供を、11月5日に開始した。

 BLEスマートセンサNは、温・湿度、照度、紫外線など複数のセンサ情報をBLEビーコンで発信することが可能なセンサビーコン。複数のBLEスマートセンサNが計測した情報はペアリング不要で、一つのゲートウェイを介してクラウド上のIoTプラットフォームに収集することができる。

 今回提供を開始するBLEスマートセンサソリューションでは、BLEスマートセンサNがもつ環境モニタリング情報とビーコンIDによる位置情報の二つの特性を生かし、小売量販店や大型商業施設、飲食店など向けに、建物内の消費電力管理を実現するEMS(エネルギーマネジメントシステム)と、来場者のスマートフォンにニュースやクーポンなどを配信するモバイルO2O(Online to Offline)サービスを、一つのインフラで提供可能としている。

「BLEスマートセンサN」による環境モニタリングとO2Oサービスイメージ

 NSWでは、同ソリューションの提供によって、商業活動の発展と省エネを両立するインフラ環境の構築を支援し、初年度3件の受注を目標としている。導入価格は、初期構築費と運用後の月額利用料で構成され、規模によって変動する。なお、同ソリューションの導入を検証するためのBLEスマートセンサN評価キットを、1セット税別18万5000円で提供している。

「BLEスマートセンサN」の仕様とイメージ