【上海発】浦楽熙普信息科技(上海)(プロシップ上海)と、上海電通信息服務(ISID上海)、東顧投資諮詢(上海)の3社は、11月13日、上海市で共催セミナーを開催した。

プロシップ上海
豊田英文
マネージャー
 テーマは、「駐在員減少時代のコントロールを考える」。近年、中国の日系企業では、現地化の推進などによって、日本人駐在員が減少する企業が増加。一方で、現地従業員を中心としたオペレーションでは、管理体制が不十分となり、業務の属人化や不正などが起きているケースもある。セミナーでは、駐在員が減少している企業で発生しやすい問題と、その解決策について紹介。プロシップ上海の豊田英文マネージャーは、資産のライフサイクル管理をテーマに講演し、同社の固定管理資産ソフト「ProPlus」を紹介した。(真鍋武)