日立コンサルティング(八尋俊英社長)と日立システムズ(高橋直也社長)は、日立グループ内外でのIoT(Internet of Things)導入実績をもとに、企業のIoT導入を支援する「IoT導入支援パック」を、11月26日に発売した。

 日立コンサルティングは、日立グループ内外のプロジェクトに参画し、IoTビジネス構想策定のノウハウを蓄積してきた。そのノウハウを「IoT構想策定テンプレート」として整備し、着実な効果を刈り取ることができるテーマ設定と迅速な計画策定を支援する「IoTビジネス構想策定コンサルティング」として企業に提供している。

 一方、日立システムズは、日立グループの情報・通信システム事業の中核企業として、あらゆる業種の顧客にITサービスを提供すると同時に、IoT活用に必要となるデータセンター、拠点間ネットワーク、セキュリティ、「ファシリティ・モニタリングサービス」などを提供している。

 今回両社は、IoTの活用に向けた全体計画の策定とその効果を短期に検証したいというニーズの高まりを受け、各社が提供してきたサービスやノウハウを活用したIoT導入支援パックを展開する。具体的には、日立コンサルティングが提供してきたIoT構想策定支援を行うコンサルティングサービスと、日立システムズが提供するクラウド型のデータ収集/管理/分析環境を、短期間・低コストのトライアルパックとして提供する。

 同サービスを利用することで、IoTのビジネス活用に向けたテーマ設定、計画立案、検証、検証結果にもとづく計画見直しといった一連のプロセスを、短期間・低コストで行うことができる。また、データ収集/管理/分析環境は、日立システムズの「ファシリティ・モニタリングサービス」を活用し、セキュリティが確保された日立システムズのデータセンターから管理対象数、利用期間に応じたクラウド型で提供するため、大きな初期投資を行うことなく計画策定から効果検証までを実施できる。

 さらに、「IoT導入支援パック」の利用後、IoT本格導入にあたってのM2Mネットワークの構築や制御系システムセキュリティ、大規模データの保管といったニーズにも日立システムズが対応し、顧客のIoT活用全体をサポートする。

「IoT導入支援パック」の提供プラン

IoT導入支援パックを利用したIoTビジネス活用のステップ例

 両社は、主に工場やプラント設備をもつ製造業向けに「IoT導入支援パック」を拡販し、18年度末までに累計50社への販売を目指す。