アドバンテック(マイク小池社長)と日本IBM(ポール与那嶺社長)は2月2日、スマート・マニュファクチャリングをはじめとするIoTソリューションの提供に向けて協業すると発表した。

 今回の協業により、アドバンテックが提供するPaaSソリューション「WISEーPaaS」を、IBMのクラウド基盤「SoftLayer」またはPaaS「IBM Bluemix」と連携し、ユーザー企業がIoT関連のアプリケーションを開発・実行する環境にすることが可能となる。

 両社は、「WISEーPaaS」と「SoftLayer」、「IBM Bluemix」の連携によって、IoT機器とインターネットを接続するアドバンテックのセンサゲートウェイや、通信機能やセンサなどを実装したセンサノードから収集したデータをもとに、クラウド上で工場設備機器の稼働状況や環境を可視化し、保全を支援するスマートマニュファクチャリング市場向けのIoTソリューションとして提案を開始する。

 今後は、アドバンテックのもつさまざまな市場/アプリケーション向けハードウェアプラットフォームと、日本IBMが幅広い業界で培ったITシステムの実績やノウハウを組み合わせることで、スマート・マニュファクチャリング市場にとどまらず、IoT関連事業のビジネス拡大に向けて協力していく。