ニフティ(三竹兼司社長)は2月18日、米シリコンバレーに拠点を置くIoTスタートアップのMODE(Gaku Ueda CEO)と「ニフティIoTデザインセンター」で提携したと発表した。

 ニフティでは、米シリコンバレーの提携企業に出向している社員を通じて現地調査と事業開発を行っている。今回、その活動で得たさまざまな企業やサービスの情報をもとに検討と協議を重ね、MODEとの提携を決めた。なお、MODEが日本企業と提携するのはニフティが初となる。

 この提携によってMODEは、ニフティIoTデザインセンターのパートナーとなり、ニフティはMODEが提供するIoTデバイス向けバックエンドサービス「MODE」をニフティIoTデザインセンターのソリューション提案に活用していく。

 「MODE」は、IoTデバイスを使ったシステム構築と運用の手間を大幅に軽減するクラウドプラットフォーム。デバイス管理、ユーザー認証、デバイス所有管理など、IoTシステムに必須となる機能を網羅し、クラウドベースの業務ロジック、モバイルアプリを統合した堅牢なシステムの短期間での開発を可能にする。

 利用料金は、接続デバイス20台まで無料、それ以上の場合は利用量に応じて課金となる。