エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、米インテルコーポレーションが提供するメディア・ソリューション開発支援ツールの新バージョン「インテル Media Server Studio 2016」を3月3日に発売した。

 インテル Media Server Studioは、インテルXeonプロセッサとインテルCoreプロセッサ向けのエンタープライズ・メディア・ソリューションを開発、デバッグ、展開するためのライブラリと分析ツールを提供する。エンコーダやデコーダ、リアルタイム・ストリーミング、テレビ会議、ビデオ解析のためのトランスコーダなど、LinuxとWindows OS向けに最適化したメディア・アプリケーションを迅速・容易に開発できる。

 新バージョンでは、以前のバージョンと比較してパフォーマンスを10%向上し、品質も10%高めている。また、HEVC GPUアクセラレーション・パフォーマンスを向上した。さらに、OpenCLとインテル Media SDKにより最適化されたアプリケーションのグラフィックス・プロセッサの使用状況を簡単に確認することが可能となった。

 このほか、特別にチューニングされた低遅延HEVCモードのテレビ会議をサポート。4K解像度のエンコーディング・ストリームだけでなく、ソフトウェア・エンコーダとGPUアクセラレーション・エンコーダの両方で8Kをサポートしている。

 税別価格は、「インテル Media Server Studio 2016 Essentials Edition」が8万5000円、「インテル Media Server Studio 2016 Professional Edition」が68万円、「インテル Media Server Studio 2016 Professional Edition Unlimited」が136万円。なお、インテル Media Server Studio製品の有効なサポートサービスをもっているユーザーは、最新バージョンを無料でダウンロードして利用できる。