ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、オープンソース統合監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 3.0」をベースに機能拡張を加えたエンタープライズ向けシステム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX 3.0」のサポートサービスの提供を、4月5日に開始した。また、同ソフトをコミュニティ版として一般公開した。

 ミラクル・リナックスでは、MIRACLE ZBXのソフトウェアを組み込み、最適なチューニングや設定を施したアプライアンス製品やテンプレート/オプション製品を含む統合監視ソリューションを「MIRACLE ZBX」シリーズとして開発・提供している。今回提供するサポートサービスは、MIRACLE ZBX 3.0、Zabbix 3.0に対応し、MIRACLE ZBXサポートスタンダードとMIRACLE ZBXサポートインシデントを利用することができる。

 新たに公開するコミュニティ版のMIRACLE ZBX 3.0は、Zabbix 3.0をベースに、主に国内企業ユーザーから寄せられた不具合修正や機能拡張などの要望を反映したもの。従来バージョンからセキュリティを強化し、各コンポーネント間(Zabbixサーバーとエージェント間)のデータ暗号化が可能になった。

 さらに、監視タイミングの日時指定機能監視のタイミング日時を指定可能となり、夜間バッチの終了時刻やウェブサービスの開始時刻など、特定の時間でのサービス稼働を監視することが重要な場合にも、より的確な時刻に監視することができる。

 これらの機能強化によって、ハイブリッドクラウド環境や遠隔地での監視もより安全になり、MIRACLE ZBX活用による低コストのシステム監視を実現する。