サイボウズ(青野慶久社長)は4月27日、横浜市の区局共通グループウェアとして、エンタープライズ向けグループウェア「サイボウズ ガルーン」(ガルーン)が導入されたと発表した。

 横浜市では、従来各区局で個別のグループウェアを活用していた。しかし、区局を超えて職員が異動する際、以前使っていたグループウェア環境を引き継ぐことができないなど、区局間で情報連携されていないことによる非効率が散見されていた。このため、14年に策定した「横浜市情報化の基本方針」のなかでも、庁内グループウェアの統合を具体的施策に挙げていた。

 また、各区局で個別に導入していたグループウェアの稼働OSの多くが、15年7月にサポート終了するWindows Server 2003であったことから、その更新を確実なものとするためにも、区局共通グループウェアの検討を進め、14年度に統一基盤としてガルーンを採用し、15年3月から稼働した。現在は約8000人が利用している。

 横浜市は、20年には市庁舎を移転し、現在民間ビルに点在している執務室のほとんどが1か所の市庁舎に集まる予定。ビルの統合にともない、会議室の共有などを行うためにもグループウェアの統合が必須となることから、新市庁舎への移転前に全区局への導入を目指す。

 今後4年をかけ利用者を徐々に拡大していき、19年度にほぼ全区局、約2万人での利用を予定している。まずは、各区局への展開を目標とし、スケジュール共有化を図る。その後、ガルーンの機能を利用して、さらなる情報共有の効率化を実現していく方針。