ネットワールド(森田晶一社長)は5月23日、宗像水光会総合病院(福岡県、津留英智理事長)が、ICTインフラを刷新するプロジェクトで、ネットワールドが提供するコンバージド・インフラストラクチャ「EMC VSPEX」を採用したと発表した。

 宗像水光会総合病院は、これまでセキュリティの観点から医療業務系と情報系の端末を分けていたため端末数が2倍となり、また、医療業務の多くがシステム化され部門サーバーの数も年々増加したことで、運用・管理負荷も増大していた。そのため、仮想化によるICTインフラの刷新に着手した。

 このインフラ刷新プロジェクトと同時期に、新たに電子カルテシステムが導入されたことにより、インフラ構築については、高品質を確保しながら、できるだけ短期間で効率的に行う必要があった。そこで今回、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器、ハイパーバイザーなどの主要コンポーネントをあらかじめ検証済みの状態で提供するEMC VSPEXを選定した。

 新しいICTインフラは、物理サーバーにはVDI(仮想デスクトップ)用4台と仮想サーバー用3台の合計7台の「Cisco Unified Computing System(UCS)」を利用し、ストレージには2台の「EMC VNX5200」を導入した。これによって、統合管理が可能となり、運用業務の省力化、効率化を実現している。また、情報系端末をVDIに統合したことで端末の更新が不要となり、また物理サーバー台数を61台から3台に削減したことから、今後5-6年で、ハードウェアコストは約4割削減できると見込んでいる。

 なお、システムの導入、構築は、同病院のITパートナーであるブレス(岩永俊保社長)が担当した。ブレスでは、コンバージド・インフラストラクチャが多くの利点を提供した今回の実績を踏まえて、今後もネットワールドと協力し、他の案件でもEMC VSPEXを積極的に提案していく考え。

システム図