米レッドハットは、スイスのSwisscomがアジャイルで高いスケーラビリティを備えた最新のクラウドプラットフォームの実現に協力するテクノロジーパートナーとして、レッドハットを選んだと発表した。

 Swisscomは、スイスの主要通信プロバイダで、主導的な立場を維持しつつ、新たに台頭するデジタルサービスの利用拡大に対応するため、クラウド製品の拡張を検討してきた。その結果、Red Hat OpenStack Platformが、高いスケーラビリティとオープン性を備えた実運用対応のIaaSソリューションを提供すると判断したことから、レッドハットを選択した。現在、Red Hat OpenStack Platformは、SwisscomのPaaSに必要なインフラストラクチャ基盤を提供しており、Swisscomはワークロードにもとづく柔軟な帯域幅の提供によって迅速なプロトタイプ作成とアジャイルな開発のシンプル化に寄与するとともに、Swisscomの顧客が独自のアプリケーションを開発するためのセルフサービス環境を提供している。

 今回の決定では、レッドハットのエコシステムの専門知識も重視した。SwisscomはアップストリームのOpenStackコミュニティに対するレッドハットの貢献を評価し、Red Hat Consultingと共同作業を行うことで、アップストリームとダウンストリームの専門知識と、実運用対応のOpenStackプラットフォームを全世界に提供してきたレッドハットのリーダーシップを活用することにした。

 新しいクラウドインフラストラクチャの基盤として、Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Virtualizationをデプロイしたことで、Swisscomは新しいデジタル製品をより速く、より効率的に開発・提供することが可能となったとしている。