ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は11月22日、米WatchGuard Technologiesが先進のビジネス管理プラットフォーム「ConnectWise」との正式な製品連携を行うと発表した。

 ConnectWiseは、MSSP(マネージドセキュリティサービスプロバイダ)に対して、あらゆるニーズに応え、信頼性を発揮する一元なプラットフォームを提供する。今回発表した連携により、サービスチケットの自動発行、可視化、レポーティング機能が充実し、実装と管理が容易なエンタープライズグレードのネットワークセキュリティの提供が可能となる。これによって、MSSPは、運用の効率化と顧客満足の向上を図ることができる。

 また、ウォッチガードとConnectWiseの連携で、ConnectWiseのユーザーに独自の機能の組み合わせの提供が可能となり、マネージドセキュリティサービスに対するセキュリティの自動化と可視化能力を大幅に高め、スケーラブルで容易に管理できるソリューションを実現することができる。