日立システムズ(北野昌宏社長)とトレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は12月2日、京葉銀行(熊谷俊行頭取)が、千葉県内118か所の店舗と拠点における約400台の勘定系端末への不正プログラム対策として、トレンドマイクロのロックダウン型ウイルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock(TMSL)」を導入したと発表した。TMSLの導入とシステム構築は、日立システムズが対応した。

 京葉銀行では、勘定系端末の刷新を進めている。業務の効率性向上を念頭に、新たに勘定系端末から情報系端末を仮想デスクトップ(VDI)方式で利用できるようにするのが狙いだ。一方で、セキュリティ対策の強化に向けて、新たに導入する勘定系端末に対しても不正プログラム対策を講じることにした。

 勘定系業務は日々の処理量が大量なうえに、1円のミスも1分1秒の作業の遅れも許されず、正確性と緻密性が求められる。そのため、セキュリティ対策の選定では、その効果はもとより、ウイルススキャンやパターンファイル更新など、勘定系端末のパフォーマンス低下につながるような処理が発生しないことが要件となっていた。

 TMSLは、あらかじめ許可された特定アプリケーションだけを動作可能にすること(ロックダウン)で、不正プログラム侵入・実行を防止するウイルス対策ソフト。パターンファイルが不要のため、ファイルの読み込みやウイルス検索によるシステムパフォーマンスの低下がなく、ファイルを更新する際の動作検証を行う必要もない。これにより、安定稼働が重視される端末などを効果的に保護することができる。今回、こうした点から、TMSLが京葉銀行の選定要件に合致し採用された。

 日立システムズは、長年にわたって京葉銀行の経営をITの側面から支援しており、これまでも行内のクライアントやサーバー向けのウイルス対策システム、eラーニングシステム、統合文書管理システムの導入を担当するなど、顧客サービスの向上や業務運営の効率化などを支援してきた。今回のTMSLの導入とシステム構築にあたっては、これまで培った業務知識とトレンドマイクロとのパートナーシップにより、スムーズな導入と課題解決を実現した。

 今後も日立システムズとトレンドマイクロは、セキュリティソリューションをはじめとしたITサービスの提供を通じて、京葉銀行をサポートしていく考え。