エムオーテックス(MOTEX、河之口達也)は3月9日、IT資産管理・情報漏えい対策ツールの最新バージョン「LanScope Cat Ver.8.4」が、サイオステクノロジー(サイオス、喜多伸夫社長)が提供する複合機向けアプリケーションソフト「Quickスキャン V4」(販売元:大塚商会)、「SpeedocV3 for RICOH」(販売元:リコージャパン)と連携したと発表した。

 LanScope Catは、社内にあるIT機器の情報を自動で収集。PCで「誰が・いつ・どんな操作をしたのか」といった履歴を取得して、セキュリティ対策の基本となる現状把握を行うことができる。また、USBメモリなどのデバイス利用や危険なアプリ・サイトの閲覧を制御するなどの具体的な対策を通して、正確なIT資産管理や情報漏えい対策を支援する。

 一方、サイオスのQuickスキャン V4と、SpeedocV3 for RICOHは、紙文書を電子化するアプリケーション。基本的な操作を複合機のパネル上でコピー感覚で行えるほか、スキャンデータの保存先フォルダ・ファイルを選択して、簡単に紙文書の電子化と管理が可能となる。

 今回の連携により、複合機で電子化し、共有サーバーや個人PCに保存された紙媒体のスキャンデータをLanScope Catで把握できるようになった。これまで難しかった電子化された紙媒体のデータ管理ができ、万一、情報の持ち出しがあった場合でもLanScope  Catのログでファイルの流出経路を追跡することができる。