ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は、PCAソフト保守とPCAクラウドのそれぞれの契約ユーザー向けに、AI技術を利用した対話型サポートサービス「バーチャルエージェント」を4月10日に開始した。

 バーチャルエージェントは、AI技術を利用して話し言葉で入力された文章を理解し、入力された質問に対し、適切な回答・案内を行うシステム。曖昧な質問には聞き返して、回答の絞り込みを行う文字対話型のサポートサービスを提供する。また、スマートフォンやタブレットにも対応しており、PCAオリジナルサポートキャラクターの「一富士 あやめ」がユーザーと文字入力で対話しながら、悩み解決のサポートを行う。

 サービス開始当初は、主力ラインアップの「PCA会計」「PCA商魂」「PCA商管」「PCA給与」の操作サポートを行い、順次対応ソフトを増やしていく予定。バーチャルエージェントの導入により、24時間365日対話型サポートを実現し、年末調整や決算期などの繁忙期にもユーザーを待たせることなくサポートすることが可能となる。