日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、短期間で効率的な物流業務を支援する倉庫管理システム「ORBIS」シリーズで、「ORBIS-VI 倉庫管理」の機能強化版を4月25日に発売した。

 ORBIS-VI 倉庫管理は、30年以上にわたり200社400ライセンス以上の導入実績があり、物流業務での業務改善や生産性向上を推進してきた。今回、導入企業の物流改革を強力にサポートする物流KPI分析機能の実装と、製造業向け機能の強化を図った。具体的には、IoT/M2Mサービスのノウハウを生かして、物流KPIの分析元となる各種実績情報をハンディターミナルやORBISクライアントから自動収集し、BIツールによる分析を可能にした。これにより、人時生産性や保管効率などの業務的な分析をBIツールによって可視化でき、適正な作業員配置や異常在庫の早期発見など、さまざまな課題を把握することができる。

 また、OCRハンディターミナルへの対応やその他ハンディ機能(入荷実績登録、分納、マルチピッキングなど)の拡張、ロット逆転防止や出庫止めロットを考慮した引当など、大手から中堅倉庫業や製造業向けに特化した機能も充実しており、庫内作業効率化と物流品質を向上することができる。同社では、ORBIS-VI 倉庫管理について今年度30件の販売を計画している。