レッドハットは、プライベートクラウド環境をパートナーのマネージドサービスとして提供する「Private Cloud as a Service(PCaaS)」を発表した。クラウド上でサービスとして提供することにより、プライベートクラウド環境をすばやく、かつ容易に導入できるようにする。レッドハットの望月弘一代表取締役社長は「プライベートクラウドに対するニーズは多いものの、環境の構築にはある程度の作業が必要となっている。当社は、そこにフォーカスし、パブリッククラウドのようにすばやく使い始めることができるプライベートクラウド環境を提供したいと考えた」と、その狙いを語る。

201705081715_1.jpg
左から
日本IBMの渡辺公成・IBMクラウド事業本部クラウド・ソフトウェア事業部長執行役員、
IIJの神谷 修・クラウド本部
サービス統括部兼グローバル事業部
グローバルプロフェッショナルサービス部長、
アクティスの堀口浩之・執行役員
ソリューション事業部長、
NECの木村好孝・プラットフォームサービス事業部クラウドプラットフォームサービス部部長、
レッドハットの望月弘一代表取締役社長

 PCaaSを提供するパートナーから、今回は日本IBM、アクティスとインターネットイニシアティブ(IIJ)、NECがサービスを発表した。日本IBMは、IaaSクラウドプラットフォーム「Red Hat OpenStack Platform」、ソフトウェアデファインド・オープンストレージ「Red Hat Ceph Storage」によるPCaaSを同社の「Bluemix Private Cloud」で提供する。「当社としてもプライベートクラウドのマネージドサービスが必要だと感じていた。レッドハットと一緒にPCaaSを積極的に展開していきたい」と、日本IBMの渡辺公成執行役員は意気込みを語った。IBMとレッドハットは、グローバルで戦略的提携を発表しており、今回の取り組みはその一環となる。

 アクティスとIIJは、「OpenShift Container Platform」を活用したコンテナサービスをIIJクラウドサービスから「Red Hat OpenShift Container Platform on IIJ GIO P2」として提供する。「プライベートクラウドに対するニーズは強いが、これまではすぐに使い始めることができる環境がなかった。PCaaSを開始することによって、すばやくプライベートクラウド環境を利用開始できるため、サポートに注力できるようになる」と、アクティスの堀口浩之執行役員は今後の展開に期待している。

 NECはOpenShift Container Platformを中心としたコンテナ型アプリケーション開発・運用環境をNEC Cloud PaaS上で提供する。「ユーザーからデジタルビジネスを展開するための基盤を提供してほしいという声が多くなった。これまでの企業システムなどと違ったニーズが発生し始めている。そこで必要とされるのは、システム環境の展開スピードで、コンテナ技術の活用が不可欠となる」と、NECの木村好孝・クラウドプラットフォームサービス部部長は今回の提携のきっかけを語る。

 レッドハットは、2018年度の重点ビジネス領域として、「オープンソースによるデジタルトランスフォーメーション」を掲げている。すばやくプライベートクラウド環境の利用を開始できるPCaaSは、そのために不可欠なサービスの一つとしている。(畔上文昭)