ネットワールド(森田晶一社長)は5月31日、米Nutanixの「Nutanix Consulting Partner Program(NCPプログラム)」に、国内ディストリビュータとして初めての認定コンサルティングパートナーとなり、従来のNutanix製品の導入支援サービスに加えて、クラスタ最適化サービス、ファイルサービス/ハイパーバイザー移行サービスをはじめとするNutanix認定サービスを、6月1日に提供すると発表した。また、仮想デスクトップのリソースを保証する「Nutanix VDI Assurance」プログラムも、ニュータニックス・ジャパンと協力して提供する。

 NCPプログラムで認定を受けたパートナーは、Nutanixの認定サービスを提供することが可能となる。ネットワールドは、NCPプログラムの上位コンサルティングパートナー(Premier Consulting Partner)として、Nutanixの認定リセラー向けに、「クラスタ最適化サービス」「ファイルサービス移行サービス」「ハイパーバイザー移行サービス」「Citrix XenDesktop on Nutanix構築サービス」「本稼働環境向けサービス」「業種ごとのコンサルティングサービス」「テクノロジーごとのコンサルティングサービス」などを提供していく。

 Nutanix VDI Assuranceプログラムは、VDIユーザーがNutanixプラットフォームを使い続けるうえで必要となる、サーバーとストレージリソースの入手が常に担保される業界初のVDI保証制度。プログラムでは、顧客が指定したユーザー数とユーザープロファイルに対して、ニュータニックス・ジャパンとネットワールドがコンピューティング(CPUとメモリ)とストレージ(キャパシティとパフォーマンス)の要件を保証し、顧客の環境が保証されたリソースを満たさない場合には、顧客環境の設定を見直し、改善したNutanixソフトウェアを提供する。また、プロファイルのパラメータ要件を満たすために追加のハードウェアが必要となる場合は、追加コストなく無償で提供する。

 ネットワールドは、Nutanix VDI Assuranceに含まれる設計をもとに、Nutanixハードウェア、ソフトウェアの導入、VDI環境の構築などを含み、トータルで国内のNutanixパートナーとNutanix利用者をサポートしていく。