WEIC(内山雄輝社長)は7月27日、見込み客選定・獲得システム「SALES BASE NIKITA」の提供を開始したと発表した。

 SALES BASE NIKITAは、日本初となるターゲット抽出とリード獲得を自動化するクラウドサービス。400万件の独自企業データベースとこれまでの法人営業支援によって獲得したBANTなどの膨大な営業データを人工知能で解析することで、最適な見込み客を予測。ターゲットリストを作成し、情報提供許可を得られた見込み客担当者情報(リード)を自動で追加する。

 具体的には、ユーザーが自社の商品・サービス情報を登録すると、新開発のターゲット抽出エンジンが、SALES BASE NIKITAに蓄積された膨大な法人営業データを分析。ユーザーそれぞれの商品・サービスに合致したターゲットリストを生成し、そのターゲットに対して獲得できるリード獲得率を算出する。抽出されたターゲットに対して、SALES BASEのインサイドセールスセンターがコンタクトを実行し、情報提供許可が得られた最新の担当者リードやアポイントがSALES BASE NIKITAに追加される。

 SALES BASE NIKITAによって、ターゲットの選定、リード数の確保、情報提供許可を得た最新のリード獲得を実現し、獲得難易度を考慮した完全成果報酬型でサービスを利用することができる。