ナビプラス(篠寛代表取締役執行役員CEO)は9月7日、自社が開発・提供するパーソナライズド・レコメンドサービス「NaviPlusレコメンド」にAI(人工知能)による自動最適化機能を追加し、提供を開始した。また、ルミネ(森本雄司社長)が、公式ネット通販サイト「i LUMINE」のレコメンドロジックの改善に同機能を採用したと発表した。

 NaviPlusレコメンドは、訪問者の行動履歴情報やアイテムの属性情報を解析することで、訪問者一人ひとりに合わせたレコメンド(おすすめ)アイテムを提示できるサービス。今回追加した自動最適化機能は、AIがサイト訪問者の行動情報から学習を繰り返し、複数のレコメンドロジックの中から最も成果の高いものを選択する。これにより、最適なレコメンドロジックを見つけ出すための工数・コストの削減や、熟練したマーケティング経験者に依存しないサービスの効率的な運用が期待できる。

 なお、ルミネでは、この自動最適化機能を活用して、i LUMINEスマートフォンサイトの商品ページのレコメンドロジック改善を行っている。