ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)とソフトクリエイト(林宗治社長)は9月19日、ウォッチガードのセキュリティアプライアンス「Firebox」とソフトクリエイトの不正アクセス端末検知・遮断システム「L2Blocker」を連携した機能を10月2日に提供すると発表した。

 Fireboxは、企業のネットワークセキュリティ対策に必要なセキュリティ機能を統合した多層防御により、高いセキュリティ機能を実現する。マルウェア/ランサムウェア対策、不正侵入検知・防御、迷惑メール対策、標的型攻撃対策などさまざまな脅威を防御し、企業のセキュリティ対策を強化する。

 一方、L2Blockerは、ネットワーク内のARPパケットを読み取り、不正端末のアクセスを検知、遮断するシステム。不正端末の検知・遮断はWindowsのPCだけでなく、MacやLinux、UNIX、またはiPhoneやAndroidなどのスマートフォン/タブレットまで幅広い端末に対して有効となっている。

 今回の機能連携では、インターネットとのゲートウェイで多層防御を提供するFireboxが既知・未知のマルウェアの侵入を検知した際に、感染した端末を特定し、その情報をL2Blockerと連携することで、感染した端末を素早く自動的に社内ネットワークから遮断。自動遮断によりネットワーク内部の二次感染による被害が拡大するリスクを低減する。

 また、システム担当者が不在の休日や夜間の場合でも、同様の対抗措置を行うことが可能。この連携により、「入口・出口対策」に加えて「内部対策」の強化を実現できる。なお、ソフトクリエイトでは、レポーティングサービスなどのマネージドサービスもあわせて提供する。