ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は9月26日、学生のLinux技術教育支援を目的として、米子工業高等専門学校(米子高専)にミラクル・リナックスが開発・提供する企業向けLinux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」を無償提供すると発表した。

 米子高専では、高等専門学校機構が推進する、卒業生が社会や産業界で活躍できるよう教育の質を保証することを目指したモデルコアカリキュラムに準じて、カリキュラムを組んでいる。なかでも電子制御工学科では、機械、電気・電子、情報分野を複合的に学ぶことができ、卒業後は機械、電気、情報系など、さまざまな分野で活躍する卒業生を輩出している。

 同学科の授業では、WindowsをメインのOSとして利用しているが、コマンドラインでの操作やプログラム開発の技術習得を目的に、UNIXサーバーにリモート端末からログインして利用する授業を行っていた。しかし、サーバー利用の制限やサーバー構築・管理の煩雑さに課題があったことに加えて、一人一台のマシンを利用できる環境にするため、PCの設定を変えずに起動できるLinuxを使ったブータブルUSBの利用を検討した。

 当初オープンソースのLinux「Fedora」を使ったブータブルUSBを作成して利用したところ、授業中にハングアップしたりブートできないなどの問題が発生し、設定のやり直しやOSイメージの焼き直しに多くの時間を取られていた。マシンを一斉に買い替えることが難しく新旧4世代のPCを利用しているため、ブートできるマシンとできないマシンがあることも課題になっていた。

 そこで今回、同校と以前から交流のあったミラクル・リナックス松江ラボのメンバーが、Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7の無償提供を提案し、導入が決定した。ミラクル・リナックスでは、OSの無償提供に加え、同校の学生に対してブータブルUSBの作成や事前検証の技術指導を松江ラボで実施した。Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7の導入後は、購入時期の異なるPCすべてでOSが安定的に動作し、Linuxを一人一台のマシンで利用できる環境が実現した。

 ミラクル・リナックスでは、今回の米子高専へのAsianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7の無償提供と技術指導の実績をもとに、今後はほかの教育機関にも支援も展開し、Linux技術者育成を推進していく予定。