アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は11月1日、網屋(伊藤 整一代表取締役)が提供するクラウドVPNサービス「Verona」に、セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の技術を提供すると発表した。

 InterSafe GatewayConnectionは、クラウドによる多層セキュリティで、導入・運用の負荷を軽減しながら出口対策を強化するサービス。最新の脅威情報に基づき、C&Cサーバーなど標的型攻撃に用いられる脅威サーバーへの通信をブロックする「サイバー攻撃対策サービス」と「ウェブフィルタリングサービス」を提供する。クラウドサービスのため、複雑な設定やネットワーク構成の変更は不要となっている。

 網屋のVeronaは、クラウドを活用することで安全でセキュアな通信を利用することができるワンストップのクラウドVPNサービス。今回、InterSafe GatewayConnectionの技術を採用することにより、設定済みのVeronaのVPNルータを社内に接続するだけで、すぐにセキュアで快適な環境構築が可能となる。とくに、PC端末の設定を自動で行えるため、手間なくより強固な出口対策を手軽に実現できる。

 ALSIでは、今後も顧客のニーズをタイムリーに反映し、サイバー攻撃から情報を守り、安全に利用できる製品やサービス、連携技術を提供していく方針。