チエル(川居睦社長)は11月9日、同社社長室の新規事業担当部長兼SHIELDEX代表取締役社長を務める田中裕士氏が、11月22日に総合ニュース情報サイト「マイナビニュース」が主催する「教育業界向け最新情報セキュリティ対策セミナー」に登壇し、文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に応じたファイル無害化ソリューション「SHIELDEX」について講演すると発表した。

 教育の情報化や教育現場のICT環境整備が進むなか文部科学省は、10月に教育情報セキュリティポリシーに関するガイドラインを公表し、教職員や生徒が安心して利用できる適切なセキュリティの確保を強く求めている。今回の講演では、この課題解決に向けて、ファイル内の必要なデータのみを抽出し、ファイルを再構成、さらに悪性コードの可能性がある部分を完全無害化することで、学校が保有する機微情報に対するセキュリティの強化、管理リスクの低減、情報漏えいリスクの最小化を実現するファイル無害化ソリューションであるSHIELDEXの有用性について紹介する。

 教育業界向け最新情報セキュリティ対策セミナーは、11月22日14時から、JR新宿ミライナタワー12Fで開催する。定員50人で、参加費は無料。