富士ゼロックス(栗原博社長)は1月10日、重要文書の電子化と電子文書の証憑としての証拠性の向上を実現する「DocuWorksタイムスタンプソリューション」を1月17日に発売すると発表した。税別価格は17万6800円から。3年間で約120契約を目指す計画だ。

 DocuWorksタイムスタンプソリューションは、富士ゼロックスのドキュメントハンドリング・ソフトウェアの新バージョン「DocuWorks 9」をベースに、クライアントPC上でPDF文書にタイムスタンプを付与することで、重要文書の証拠性向上を容易に実現するソリューション。

 DocuWorks 9と、下田OAシステム(杉本憲一社長)が開発したDocuWorksのプラグインソフトウェア「PDFタイムスタンプ for DocuWorks」、アマノビジネスソリューションズ(堀本信行社長)のe-timingサービス「アマノタイムスタンプサービス 3161」の組み合わせにより、電子文書へのタイムスタンプの付与と、改ざんされていないことの検証作業、さらには社内文書管理を実現する。

 また、指定ファイルサーバーに保存したタイムスタンプ付与済み電子文書は、同社のクラウドストレージサービス「Working Folder」にアップロードすることで、社内の電子文書管理の一元化と、社外からでもタイムリーに閲覧・利用できる環境を実現できる。