富士ゼロックス(栗原博社長)は12月14日、セカンダリーイーサネットに対応することで、社内LANと来訪者用など異なる2つのネットワークから共有利用でき、プリント速度と解像度を向上したA0サイズのモノクロ広幅複合機「DocuWide 6057/3037」シリーズを2018年2月上旬に発売すると発表した。

 新製品は、セカンダリーイーサネットを新たに標準搭載し、2つのネットワーク環境で1台を共有利用できるようにした。訪問先に持ち込んだPCを2つめのネットワークにつないで出力するといった運用が可能になるため、外部でプリントやスキャンの作業をセキュリティを保ちつつ行うことができる。

 また、プリント速度は従来機の1.4倍、出力解像度は従来機の600dpiから1200dpiにアップし、図面に必要となる細線や円弧の再現性を向上しており、設計図面など忠実に再現すべきプリント物の出力に適している。同社の広幅複合機としては初めて、省エネ性能が高く光沢を抑えることで目に優しく読みやすい黒色トナーであるEA-Eco LGKトナーを採用した。

 そのほか、カラー対応のスキャン機能も強化した。新たに、操作パネル上でスキャン画像のプレビューが可能になり、狙い通りスキャンできているか、その場で確認できる。対応用紙は、ロール紙だけでなくカット紙(A3、B4、A4)トレイも選択可能。用紙収容性のよい前面排出で、出力した紙を取り出しやすくした。オプションの紙折り機能には、低価格モデルのDocuWide 3037シリーズも新たに対応し、大きな図面を自動で折りたたんで排紙、すぐにファイルすることができる。

 税別価格は、「DocuWide 3037 EP(Model-2R)」が214万円、「DocuWide 3037 MF(Model-1R)」が228万円、「DocuWide 3037 MF(Model-2R)」が238万円、「DocuWide 3037 MF(Model-1R2T)」が252万円、「DocuWide 3037 MF(Model-2R2T)」が262万円、「DocuWide 6057 EP(Model-2R)」が320万円、「DocuWide 6057 EP(Model-4R)」が360万円、「DocuWide 6057 MF(Model-2R)」が450万円、「DocuWide 6057 MF(Model-4R)」が490万円、「DocuWide 6057 MF(Model-2R2T)」が490万円。国内で年間2000台の販売を目標としている。