日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、オートモーティブ分野で、NVIDIA製プラットフォームをベースとした自動運転・ADAS(先進運転支援システム)開発向けのスターターキットの提供を1月19日に開始した。

 このスターターキットは、自動運転・ADAS開発に必要なハードウェアと、その上で動作するソフトウェアで構成され、サポートも含まれている。また、顧客に速やかな環境構築を提供するだけでなく、エッジデバイスからクラウド環境まで段階的な検証環境を用意。AI(人工知能)やディープラーニングなど、GPGPUを活用した将来的な研究開発をワンストップで支援する。

 具体的には、NVIDIA製品を用いたハードウェア環境のセットアップとして、「Jetson TX2」「DRIVE PX 2」などNVIDIA製品上での環境構築・検証を行うとともに、自律走行ロボット開発キット「VEK-AI 2」を提供する。また、これらに関連したテクニカルサポート、カスタマイズを受託。さらに、自動運転・ADAS開発に関するソフトウェア開発支援ソリューションを提供する。

 なお、同スターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店であるマクニカ、「VEK-AI 2」の製造元であるエンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートする。

 同社では、今回のスターターキットを自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、建機・特殊車両メーカー、モビリティサービス事業者をターゲットにソリューション展開していく方針。