ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)は1月22日、世界最高レベルの電子政府と電子自治体をオープンなクラウド技術で実現することを目指す「一般社団法人オープンガバメント・コンソーシアム(OGC)」に参画すると発表した。

 自治体情報システムの強靭性の向上、個人情報保護法改正に伴う各府省庁によるセキュリティガイドラインの整備、働き方改革の推進によるテレワーク環境の普及などを背景に、セキュリティニーズが拡大・多様化している。こうした状況に対し、官公庁や自治体、企業のセキュリティ強化を実現する多要素・二要素認証ソリューション「EVE MA・FA」や、オンラインでのセキュリティ強化を実現する生体認証を活用した認証システム「マガタマプラットフォーム」で実績をもつDDSは、オープンなクラウド、オープンなスタンダードの普及を支援するため、同コンソーシアムに参画することにした。

 DDSは、コンソーシアムへの参画を通して、スマート社会の実現に向けた意見発信や提案を行うとともに、それを実現し普及させるためのサービスを展開していく方針。