MetaMoJi(浮川和宣社長)は、iOS用高機能デジタルノート「GEMBA Note」の法人向け製品に利用者と適用業務を大幅に拡大し、SI企業や機器メーカーと協業を進めるためのカスタマイズ開発環境を強化したアップデート版を4月11日に発売した。

 今回のバージョンアップでは、動画をノートの任意の場所に貼りつけShare機能で共有することや、ノート内や外部システムに散在するデータを集約して見やすい形式で表示するアグリゲーション機能を追加し、より現場業務に活用できるように強化した。

 また、従来のチーム版に加えてエンタープライズ版を新たに設定し、データ連携、シングルサインオン、カスタマイズ開発環境、監査機能などを追加することで、企業での本格利用が可能となった。とくに、カスタマイズ開発環境は、エンドユーザー自ら行うカスタマイズから専門のSI企業による高度なシステム開発まで柔軟で多層的なものとなった。現場に近い担当者がニーズに即したアプリケーションを自ら構築することに加え、システム企画者、外部SI会社が関与することで、高度なアプリ開発、提供が可能となる。

 価格は、GEMBA Note for Business Team Editionの初期導入費が25万円から、年間利用料が1ライセンス2万円(10ユーザーから)、GEMBA Note for Business Enterprise SS Editionの初期導入費が50万円から、年間利用料が1ライセンス5万円(20ユーザーから)、GEMBA Note for Business Enterprise LA Editionの初期導入費が50万円から、年間利用料が1ライセンス3万5000円(100ユーザーから)。