ソラコム(玉川憲社長)は、データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー(日本向け Air SIM)」で、KDDI回線が使える「plan-K」の提供を5月9日に開始した。

 「SORACOM Air」は、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」で、データ通信コネクティビティを提供するサービス。5月現在、セルラー、LoRaWAN、Sigfoxの3つの通信規格に対応している。SORACOM Air for セルラーは、そのなかでもデータ通信SIMカードにより、セルラー網を利用するサービスで現在、国内向け(NTTドコモ回線、plan-D)とグローバル向け(plan01s)の2つを提供している。

 今回のplan-Kでは、KDDI回線が利用できるデータ通信SIMカードを提供する。顧客は、KDDI回線を利用してSORACOMプラットフォームのすべてのサービスを利用できる。SORACOMのウェブコンソールのSIM管理画面で、plan-D、plan-Kの回線の開始や休止などの操作や設定を一括管理できる。また、SORACOMが提供するデータ収集・可視化、クラウド連携、閉域網接続などのプラットフォームサービスについても、plan-D、plan-Kの双方から同じ設定で利用できる。

 とくに、プライベート接続サービス「SORACOM Canal」「SORACOM Direct」「SORACOM Door」では、plan-D、plan-Kを紐付けてひとつの閉域網接続を構築することが可能。これにより、顧客は2つのモバイル回線を利用した冗長構成を実現することができる。

 あわせて、「SORACOM認定デバイス」で今後、plan-Kに対応する通信ゲートウェイなどのデバイス認定を開始する予定。随時対応デバイスの申請を受け付け、SORACOM認定デバイスとして認定、ウェブサイトなどで紹介していく。また、ソラコムではSORACOM Airを使ってすぐに始めることができるリファレンスデバイスを1個単位で販売しているが、plan-Kが利用できるリファレンスデバイスについても提供を予定している。

 税別価格は、契約事務手数料が1回線(SIM)あたり1500円(送料別)。基本料金(利用期間のコミットなしの場合)は使用開始前が1日5円、使用開始後が1日10円、利用中断中が1日5円。