クオリティア(松田賢代表取締役)は5月30日、代々木アニメーション学院(橋本大輝社長兼学院長)が、Office 365と連携するメール誤送信防止サービス「Active!gate SS」、メールアーカイブサービス「Active!vault SS」を導入したと発表した。

 エンターテインメントやアニメーションの世界で活躍する未来のタレントやクリエイター教育を展開する代々木アニメーション学院は、2017年に社内のメールシステムをOffice 365に移行するタイミングで強固なメールセキュリティ対策に乗り出し、Active!gate SSを煩雑な管理をせずにアーカイブを取り出すためにActive!vault SSを採用した。

 採用に際しては、両製品ともにOffice 365とシームレスに連携できる点、ユーザー個人の注意力に依存せずActive!gate SSを活用してメール誤送信防止をシステムで対策強化できる点、煩雑な管理をすることなくActive!vault SSによりアーカイブを簡単に取り出すことが可能な点を評価した。

 また、同社がプロデュースするアイドルグループ誕生をきっかけに、外部宛てのメールは一時保留して必要な確認を経て送付する設定にすることで機密情報やファンクラブの個人情報流出に関するセキュリティを強化できる点や、信頼できるクラウドサービス事業者の証である「ISO/IEC 27001」、クラウドコンピューティングのセキュリティ規格である「ISO/IEC 27017」「ISO/IEC 27018」をクオリティアが取得している点も採用のポイントとなった。